티스토리 뷰

연재지 기간 편수 편명 주요 등장인물 KC
全7卷
(1974~)
KCスペシャル
全6卷
(1984)
ゴラクコミックス
全31卷
(1984~)
豪華愛蔵版
全7卷
(1990)
中公愛蔵版
完全版

全10卷
(1996)
中公文庫
コミック版
完全版

全18卷
(1998)
KCデラックス
連載再現版

全5卷
(2018)
週刊少年マガジン 1973/7/29(32호)~ 東京滅亡編
  • 逞馬竜
1 1 1 1 1
10/21(44호)~ 関東スラム街編 第1部
  • 逞馬竜
2 1-2 1 1
関東スラム街編 第2部 3 2-3 2 2
1974/04/07(15호)~ 黄金都市編
  • 『ガクエン退屈男』(1970): 早乙女門土, 身堂竜馬, 錦織つばさ
  • 逞馬竜
X 5 72 3-4 2-3
月刊少年マガジン 関東鬼相撲編
  • 海堂猛志, 鬼王山将広
4 3 5-6
地獄の風編
  • 『그레이트 마징가』(1974): 鉄也, 炎ジュン
  • 「マジンガーZ対暗黒大将軍」(1973): 悪霊型戦闘獣 ダンテ
  • 天馬三郎 첫 등장
5

3-4

2
激闘! 門土編
  • 『ガクエン退屈男』(1970): 早乙女門土, 身堂竜馬
6

4

3
疾風ドラゴン編
  • 『그레이트 마징가』(1974): 炎ジュン
7 6 5
週刊漫画ゴラク 第1部 ドラゴンの砦編
  • 『凄ノ王伝説』(1979): 朱紗真弓
1 3
第2部 黒の森編
  • 『黒の獅士』(1978): 銅磨陣内, 秋葉優子
1-2 8-9
第3部 関東地獄街編
  • 『ゴッドマジンガー』(1984): アイラ・ムー
  • 『心霊探偵オカルト団』(1975): リッキー
2-4 4-5
第4部 死神警察編
  • 『ガクエン退屈男』(1970): 早乙女門土, 身堂竜馬
  • 『ハレンチ学園』(1968): あゆ子
  • 『魔王ダンテ』(1971): 大柴壮介
4-5 6
第5部 ハイパーグラップル編
  • 『アイアンマッスル』(1980): 鋼光一, 炎桜子, 鋼勇次郎
  • 『凄ノ王』(1979): 朱紗真悟
  • 몇몇 장면은 『근육맨』(1979)을 연상시킨다.
6-7 7-8
第6部 学園番外地編
  • 『学園番外地』(1969): 番長介
8-9 9-10
第7部 野獣王編
  • 『キングボンバ』(1976): 響真吾, キングボンバ
  • 『ゴッドマジンガー』(1984): アイラ・ムー
10 6-7
第8部 鉄の城編
  • 『마징가 Z』(1972): 兜甲児, ジム・マジンガ, 阿修羅師範, 独田地獄斎 등. 로봇도 인간으로 바꾸어 나옴.
11 8
第9部 奴隷農場編
  • 『あばしり一家』(1969)

12-14

10-11
第10部 ハニー編
  • 『큐티 하니』(1973)

15-16

12-13
第11部 天馬編
  • 『おいら女蛮』(1974)
17 13-14
第12部 骨法編
  • 『骨法伝説夢必殺拳』(1987)
18-19 15
第13部 ズバ蛮
  • 『ズバ蛮』(1971)

19-21

14
第14部 身堂編
  • 『ガクエン退屈男』(1970)
  • 『큐티 하니』(1973)
21-22 16
第15部 アイアンカイザー編
  • 『手天童子』(1976): アイアンカイザー, 小角裕(小角ゆう)

22-24

11-12
第16部 陽炎編
  • 『イヤハヤ南友』(1974)

24

12
第17部 九龍編
  • 『ズバ蛮』(1971)
  • 『데빌맨』(1972)
25 15-16
第18部 超高層の悪魔編
  • 『ガクエン退屈男』(1970): 早乙女門土, 身堂竜馬
26 16
第19部 ジャンヌ編
  • 『鉄の処女JUN』(1983)
26-27 16-17
第20部 炎の魔人編
  • 『ドロロンえん魔くん』(1973)
28 17
第21部 逆襲ハニー編
  • 『큐티 하니』(1973)
  • 『けっこう仮面』(1974)
  • 「역습의 샤아(逆襲のシャア)」(1988)가 1년 전에 발표되었다.

28-31

17-18
第21部 魔王編
  • 『데빌맨』(1972): 사탄, 제논
31 18
단행본 1993/11/10 魔王降臨編
  • 『ハレンチ学園』(1968): 山岸八十八, 十兵衛, アユ, ヒゲゴジラ 등
  • 『魔王ダンテ』(1971)
9

* 주간 소년 매거진 연재를 끝낼 때 몬도(門土)가 죽는데, 이후 이야기에서 몬도 일행의 로드 무비처럼 스토리가 진행되므로 첫 단행본에서는 황금도시편이 빠졌고, 이후 단행본에서는 시간 순서에 맞춰 재배열 한 듯 하다. 몬도 일행이 등장하는 편의 시간 순서는 대략 다음과 같다. 激闘! 門土編 → 黄金都市編 → 疾風ドラゴン編 → 死神警察編 → ハイパーグラップル編 → 鉄の城編 → 身堂編 → 超高層の悪魔編

* 주간 소년 매거진 연재에서는 소년지 답게 지진이 일어날 때 소학교 5학년이었던 타쿠마 류(逞馬竜)가 주인공처럼 다루어지나 연재지를 옮긴 이후로는 비중이 없다가 연재 막바지에 다시 등장한다. 타쿠마가 등장하는 편은 다음과 같다. 東京滅亡編(소학교 5학년) → 関東スラム街編 → 黄金都市編 → 奴隷農場編 → 陽炎編 → ズバ蛮編 → ジャンヌ編 → 逆襲ハニー編(20대초) → 魔王編(약100세). 몬도 일행과는 황금도시편에서만 만난다.

* 연재 정보는 이 곳의 정보가 정확한 거 같다. <http://www.mazingerz.com/VJ/VJTXT.html>

* 마지막 편에서 바이올런스 잭의 정체가 공개되었을 때 실망하는 사람이 많았는데, 지금 다시 생각해보니 나가이 고 작품 치고는 상당히 개연성이 있는 스토리라는 생각이 든다. 잭은 작품 초기부터 초자연적인 능력이 있는 존재로 묘사된다. 오히려 작품의 흐름으로 봤을 때 악역인 슬럼킹의 정체에 실망했어야 하는거 아닌가 하는 생각이 든다. 이렇게 나름 대작을 기획할 수 있었던 것은 나가이 고 최고의 히트작인 마징가 Z와 데빌맨의 성공 직후에 연재하였기 때문일 것으로 생각된다.

댓글
댓글쓰기 폼